淀(唐草)

 破風.jpg

 唐草とは(淀という場合もあります)屋根の見切れの部分に使われる部品で、屋根の終わりの部分が風などで剥がされたりすることを防いだり、屋根からの雨水の水切れをよくしたりするものです。

 ごくまれに、縁を曲げて釘を打って終わりという物置などの屋根も見ますが、普通はありえません。

 

『唐草』とは実用性・意匠性のある、屋根には重要な部品です。